« スプリング | トップページ | AAA LIVE in OSAKA »

届きました。

心待ちにしていた、Raw Vintageトレモロスプリングが届きました。
20091125234530











写真はスプリングを交換した後なので実際のスプリングではなく元々Vanzandtについていたスプリングをパッケージに入れていますが元は5本入った状態でした。

20091125234448











スプリング交換後の写真です。もともとは4本でしたが、Raw Vintage推奨通り5本にしました。

色々なブログで紹介されているとおり、このスプリングは元のスプリングより太く非常に柔らかいです。5本張っても、チューニングしていくとどんどんフローティング状態になるので随分スプリングハンガーのネジを締め込みました。
これは太いゲージの弦を張れるのかなーと不安になるくらいです。
ちゃんとした調整方をわかってないのでとりあえずほんのほんの少しフローティング状態にしています。(薄い紙が1枚入るくらい。)

まだ、アンプを通して弾いていないので生音だけの感想ですが、なんか生音のボリュームが大きくなったような気がします。色んなところで書かれている低音が太くなるというのは今のとこちょっとわからないです。錯覚かもしれませんが私の場合ちょっと高域がきらびやかになったような気すらします。

私の感じる一番の違いは、当たり前ですがとにかくバネが柔らかくなった分、ほんの少しアームバーを触るだけで音が揺れるので気持ち良いアーミングができます。かといって別に今のところピッチが極端に不安定になるような感じもありません。これだけでも心地よいので変えてよかったかなと思います。

またアンプを通しても確認しなければいけません。

|

« スプリング | トップページ | AAA LIVE in OSAKA »

ギター」カテゴリの記事

コメント

面白そうな製品ですね。
ボクはレギュラーゲージにしてからスプリングを/|\こんな感じにしています。
やわらかいのでも大丈夫なのかな?
あまり木ねじはいじりたくないので、ちょっと心配ですね。
アンプを通した音がどうなるのか、興味あります。
またレポしてくださいね。

投稿: かず | 2009年11月26日 (木) 22時57分

かずさん

お久しぶりです。
このスプリング結構良いと思います。
ただし、fenderタイプのシンクロナイズドユニットに合わせて作られているようなので、そのタイプのギターが良いようです。
評判通り、音の響き方は確かに変わりますね。
アンプにつないでの感想もまた書いてみますね。

投稿: ふるのすけ | 2009年11月28日 (土) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 届きました。:

« スプリング | トップページ | AAA LIVE in OSAKA »