« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ZICCA.net »

お久しぶりの更新です。

書きたい事はちょこちょこあるのになかなか面倒くさくて更新をさぼっておりました。

先日何年ぶりだろうってくらい久しぶりに人前でギター演奏する機会がありました。
決して自分から進んで演奏した訳ではなく知り合いの方が誘ってくださったからなのですが最初はビビって断り続けていました。

というのも、私以外のドラム、ベース、もう一人のギターの方、ボーカルの方は全て演奏の仕事や楽器や歌などを教室で教えてらっしゃる音楽で生計を立てておられる方々。そんな中に入って演奏するなんてとんでもない。譜面もろくに読めない私が、しかも1か月もないくらいの準備期間で。

ってわけで、断っていたのですが結構強引に誘われついつい流されてしまいました。もちろん私も演奏できる事自体は嬉しいことですので。こうなったら頑張ってできるだけ迷惑かけないようにしなければと。

曲はジョンメイヤートリオのライブに入っている I GOT WOMAN(レイチャールズのカバー)。

私がソロを弾く部分もありながら、本番は周りのメンバー、もう一人のギターさんにガッツリ助けて頂きながらなんとか終える事ができました。しかし演奏のお仕事をされている方々はやはり凄いですねー。ベースの方は一度も練習で合わす機会もなくぶっつけ本番でもそつなく演奏。ギターの方も音源も聞かずにカッコよく演奏。あらためて自分のショボさを再認識な一日でした。

そんな中、本番で使用するアンプがローランドのJC-120だと知り、「うーん、参ったなー。」JCは大の苦手で今まで避けてきたアンプ。やはりいっちょまえに真空管派なんで。

そんなことを理由にして買ってしまいました。

Gtr Wrks  19sixty3

クリーンブースターとして以前から欲しかったのですが、プリアンプ的に使っている方も多いようでしたので一か八か試奏もせずネット通販で買ってしまいました。

到着した日に自宅でアンプに通して弾いたのですが、最初ONにしても???何か変化有ったかな???OFFにして弾くと「あー、確かにちょっと変化有るかなー。」って感じ。

正直地味なエフェクターやなー。っていうのが最初の感想。
しばらくONで弾き続けて、OFFにすると「あれ???なんか寂しいなー。」やっぱりON。

「あれ?気持ちいいかも。」ってことでもうONにしっぱなしでしばらく練習。

結局今はノブを12時くらいの位置でずっとONのままです。 いろんなところで書かれているように中域だけとかではなく全体的に持ち上がる感じはそのとおりですね。全体的に音も太くなり、煌びやかな感じてのもそうだと思います。でも大きく変化するのではなくではなく僅かになんです。

この僅かにが妙に気持ちいいんです。ジワジワ効いてきます。出しゃばることなくでも確実に気持ちいい感じです。実際、ブラックフェイスのデラリバやツインリバーブなど弾いたことが無いので、これがその音に近いかどうかは分かりませんが、JCで使った時もとても助けてくれてる感が有り、弾きやすかったです。

試奏せず買いましたが、これはなかなか良い物だなーと思います。

もうひとつこれを機会にと買ったものが

KORG  Pitchblack+ Pb-02

今まで、BOSSのTU-12やTU-8使ってきましたが、ペダルタイプのチューナーが欲しかったのと某ネットショッピングモールのポイントが貯まっていて期限内に使い切らないとという事も有り買ってしまいましたが実質ポイントに3500円くらいのプラスで買えたので満足です。

チューナーといえば最近はt.c. electronicのpolytune や Sonic ResearchのTurbo Tunerが話題のようですが、Turbo Tunerはとても良さそうだけどちょっと高いし、polytuneも凄く便利そうですが、何か弦を6本一度に鳴らして合わせるなんて、アナログオヤジには不安だと思い、手頃なKORGにしてみました。

でもPitchblack+は上位機種。True bypass でギターを2本接続し切り替える事も出来ます。精度は+-0.1セント以内。他のエフェクターに電源供給も出来ます。(3台くらいかな。)

使ってみてですが、本当に使いやすいです。最初カッコ悪いルックスだなーと思いましたが実にこの大型LEDは見やすい。色々表示モードが有るそうなんですが、とりあえず初期設定のまま使っています。
そして自分が0.1セント以内に正確に合わせられているかはわかりませんが合わせた後の音もとても気持ち良いです。

今まで、チューナーはあくまで大まかに合わせるための物で、後はハーモニクス使って合わせていたんですが、これはバッチリチューナー任せで気持ち良い音になる思います。反応もそこそこ速いですし。

20100322005912

今回の演奏ではこんな感じで使いました。

以前紹介した真ん中の青いオーバードライブ。今回はEMMAのSTINKBUGよりもこっちの方が良い感じでしたのこれを採用。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ZICCA.net »

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

こんにちは,コメントありがとうございました。

19sixty3はシンプルですけど深いですよ。
弾き方や、ギターのヴォリューム操作で音の
ニュアンスが変わってきます。

いつものギターショップにヴィンテージの
デラリバがあるのですが、その音が自宅でも
小音量で出せる感じでしょうか。

いわゆる雑味が付加されて音が深くなりますね。

投稿: おとお | 2010年4月13日 (火) 17時28分

19sixty3 大変気に入ってます。
ボリューム操作に反応してくれるというのもよくわかります。アンプ直が多かった私には自然な感じで違和感が少なく助かります。
弾き方によっても表現を変えれるよう頑張って練習しなければと思っております。

以前雑誌に19sixty3には内蔵トリムが有ると書いて有りましたが、おとおさんも調整されたのでしょうか?私には微妙な差はわからないかもしれないので全く触らずです。

投稿: ふるのすけ | 2010年4月15日 (木) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お久しぶりの更新です。:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ZICCA.net »