« ZICCA.net | トップページ | 知らなかった! »

Lovepedal Kalamazoo

気がつけば、2年近くも放置されたブログ。

何事も無かったかのように更新してみよう。

あけましておめでとうございます。

昨年末に衝動的に欲しくなったエフェクターを試奏もせず手に入れてしまいました。

Dsc_0170


Lovepedal  Kalamazoo
です。

最初はEternity Fuseなんかに興味が有り、いつかは買おうなんて思ってたのですが。

もう少しゲインが高めでも対応してくれるオーバードライブをって考えてたら、このkalamazoo結構評判良さそうって思ってサンプル的な動画なんかも色々見つつ。

eternity fuseよりも使いやすそうだなーっって印象で、ネットの通販サイト探しても売り切れや入荷未定の文字ばかり。きっと製造数が少ないんでしょう。lovepedal は初めての購入でしたが何か気まぐれっぽいメーカーだし。

で、1店舗通販サイトで在庫有りを発見し購入手続きしたんですが、「申し訳ありません。品切れ中です。」のメール。

何か買えないとなるとついムキになり、もう一度ネット検索。

もう1軒のお店を発見。電話で問い合わせると「1台有りますよ。今でしたら明日到着可能です。」との事。

「ではお願いします~。」と購入に至ったのでございます。

Dsc_0167

購入の際お店の方が「ラブぺダルの製品は塗装など最初から粗かったり、傷が入っていたりするのと、ノブを回す際にノイズが出る事がしばしば有りますが、これは故障ではなく仕様だと思って下さい。」と言われたので多少ビビっていたのですが(塗装はあんまり気にしませんが)、届いてみると幸いノブからはノイズが出なかったのでホッとしました。

実際使ってみると、色々なところで書かれているようにどちらかというとクセの少ない歪み方とまあまあ幅広い歪み量、音決めのし易さ、てな感じで非常に使い易いです。

レスポールではイメージ通りというかそれほどエッジの効いていない70年代~80年代風のサウンド。これがとても使いやすい。GLASSって高域を操るノブが良く効いてなかなか良いです。

ストラトの場合は、個人的にはあまり歪まさずクリーンブースターのような感じで使うと音が太くなり物凄く気持ちいいです。

19sixty3 も非常に良いクリーンブースターだと思いましたが、

今回 kalamazoo は 19sixty3 に比べるとより全体的に持ち上がる感じでいかにも音が太くなったーって感じなんです。

19sixty3 はそれに比べるとより中域が持ち上がっているのかな?とも思います。

確かに 19sixty3 は Fenderライクな気がしますね。

ただ、今は新鮮だからなのか?クリーンブースター的に使う場合 Kalamazoo の方が気持ちよいですねー。

本当に1回踏むともう切る事が出来ない感じです。絶妙な感じ。

ケンタウルスに近いとか言う記事も有りますが、それに関しては全く???です。

よくわかりません。

でもオーバードライブとしては凄く気に入りました。

これであと良いアンプが有れば。

あっ、あと良いギターも。

買えるはずもないのに、まだまだ物欲はおさまりません。

やれやれ。

|

« ZICCA.net | トップページ | 知らなかった! »

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

初めましてなのか、お久しぶりなのか・・・

更新を密かに待っておりました!

歪みの探究って、きりがないですね
それだから楽しいんですが(笑)

サンタナとかゲイリー・ムーア聴いたら、
ロングサステインでキュイーンとしたくなるから、
最近はもっぱらウルトラトリオ聴いております


投稿: Fine/Blue | 2012年2月 6日 (月) 22時15分

Fine/Blueさん

はじめまして。こんにちは。
コメントありがとうございます。
まだ、ブログを見てくださる方がいらっしゃるのは有りがたい事です。

もう少し更新できるよう頑張ります。

歪みは本当に奥が深いですね。
結局アンプ直が気持ち良かったり。
でもペダルがここって時に助けてくれたり。
本当キリがないです。
ペダルのはやり物みたいなのも有りますしね。

ブルース好きな私が、今はブラックサバスのコピーをしております。人のお手伝いで1曲だけ弾かなければなりません。簡単そうで難しいですね。苦戦しそうです。

投稿: ふるのすけ | 2012年2月22日 (水) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lovepedal Kalamazoo:

« ZICCA.net | トップページ | 知らなかった! »