エフェクター

新しいペダル El Capistan

先日DCーSTICKってパワーサプライ購入したのはエフェクターを増やしたかったからなんです。

それも消費電力の比較的大きいDELAY。

いちおうBOSSのディレイとリバーブがくっついたやつ持ってはいるのですがイマイチ使い勝手良くないし。

でも、もともとディレイとかあんまり詳しくないしで、知り合いの方も使っててなお且つ一般的にも安定した人気のMXR  CARBON COPYにしようとほぼ決めていたのですが。

念のためネットでディレイってどんなメーカーのどんな物が人気なのかなと調べているうちにもう一つ良さげなのを発見。

TC electoronicのflashback delay 

アナログではなくデジタルディレイではあるけど色んなモードも有り評判も悪くないし、空間系では元々人気のTCだし。
しかも、USB端子ついて何やらもう一つ空のモードにディレイのパターンが増やせるし値段もCARBONCOPYとそれほど変わらないし。

「うーん、これにするか。」とこれまた決めかかっていたその時、また心を惑わすディレイ発見。

それがこれです。

Dcim0015


Strymon
El Capistan

今更と言われそうですが、全く存在すら知りませんでした。
ストライモン?何それ?
どうも、ダメージコントロールの新しいブランドなんですね。しかももう2年くらい前から話題になってたとか。

で、このEl Capistanですがテープエコーシミュレーターなんだそうです。
ほんまもんのテープエコーなんか使ったことないし、でもChar先生も確かテープエコー使ってたよなー。
そんな、何となくテープエコーって言葉の響きだけでこれ買ってしまいました。無知って恐ろしい。しかも試奏無しのネット通販で!

あとから知ったのはChar氏はテープエコーをプリアンプとして(もちろんdelayとしても)使ってらっしゃるようですね。

なので、買ってからもう1カ月以上になりますがまだあんまり使い方わかってません。
レビューなどと大それた事もできません。
最初ディレイ音が揺れる事自体「ええ!何これ!違和感有りまくりやん!」って思いましたし。

正直、「ああ、やってもうたかなー。失敗やったかなー。」って思いました。今はちょっと慣れてきてそれなりにシンプルなディレイ風の感じに調節出来るようになりました。

それでもネット上で結構絶賛されている理由はイマイチまだわかりません。やっぱほんまのテープエコーの音知らないしね。
今までデジタルディレイに耳がなれているからかなー。オレみたいなんに買われた不幸なペダル。

でもせっかくだしもうちょっと使い込んでこのペダルの良さが理解出来たらなと思います。
世のオジサンたちからかなり評判良いようですしね。

何といってもこのペダルの外観カッコイイですよねー。眺めて楽しんでます。俺だけかなーそう思うの。

Dcim0016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーサプライ

さて1年ぶりくらいですが、何事も無かったかのように更新してみます。

Dcim0010

最近購入したものです。

Noahsark のパワーサプライDC-STICKです。

特になんの変哲もないパワーサプライです。パイロットランプも無いし、電源スイッチもない。

でも、とにかく軽くてコンパクト。名前の通りスティック状の省スペースです。

9Vのエフェクターが6台接続出来て1つにつき300mAまでの容量OK。
1つずつの端子にノイズフィルターが搭載など基本性能はなかなかなのではと思います。
PGO端子ってのがイマイチよくわかりませんが、とりあえず使い勝手は上々だと思います。

とにかくボード内で省スペースなのが有難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lovepedal Kalamazoo

気がつけば、2年近くも放置されたブログ。

何事も無かったかのように更新してみよう。

あけましておめでとうございます。

昨年末に衝動的に欲しくなったエフェクターを試奏もせず手に入れてしまいました。

Dsc_0170


Lovepedal  Kalamazoo
です。

最初はEternity Fuseなんかに興味が有り、いつかは買おうなんて思ってたのですが。

もう少しゲインが高めでも対応してくれるオーバードライブをって考えてたら、このkalamazoo結構評判良さそうって思ってサンプル的な動画なんかも色々見つつ。

eternity fuseよりも使いやすそうだなーっって印象で、ネットの通販サイト探しても売り切れや入荷未定の文字ばかり。きっと製造数が少ないんでしょう。lovepedal は初めての購入でしたが何か気まぐれっぽいメーカーだし。

で、1店舗通販サイトで在庫有りを発見し購入手続きしたんですが、「申し訳ありません。品切れ中です。」のメール。

何か買えないとなるとついムキになり、もう一度ネット検索。

もう1軒のお店を発見。電話で問い合わせると「1台有りますよ。今でしたら明日到着可能です。」との事。

「ではお願いします~。」と購入に至ったのでございます。

Dsc_0167

購入の際お店の方が「ラブぺダルの製品は塗装など最初から粗かったり、傷が入っていたりするのと、ノブを回す際にノイズが出る事がしばしば有りますが、これは故障ではなく仕様だと思って下さい。」と言われたので多少ビビっていたのですが(塗装はあんまり気にしませんが)、届いてみると幸いノブからはノイズが出なかったのでホッとしました。

実際使ってみると、色々なところで書かれているようにどちらかというとクセの少ない歪み方とまあまあ幅広い歪み量、音決めのし易さ、てな感じで非常に使い易いです。

レスポールではイメージ通りというかそれほどエッジの効いていない70年代~80年代風のサウンド。これがとても使いやすい。GLASSって高域を操るノブが良く効いてなかなか良いです。

ストラトの場合は、個人的にはあまり歪まさずクリーンブースターのような感じで使うと音が太くなり物凄く気持ちいいです。

19sixty3 も非常に良いクリーンブースターだと思いましたが、

今回 kalamazoo は 19sixty3 に比べるとより全体的に持ち上がる感じでいかにも音が太くなったーって感じなんです。

19sixty3 はそれに比べるとより中域が持ち上がっているのかな?とも思います。

確かに 19sixty3 は Fenderライクな気がしますね。

ただ、今は新鮮だからなのか?クリーンブースター的に使う場合 Kalamazoo の方が気持ちよいですねー。

本当に1回踏むともう切る事が出来ない感じです。絶妙な感じ。

ケンタウルスに近いとか言う記事も有りますが、それに関しては全く???です。

よくわかりません。

でもオーバードライブとしては凄く気に入りました。

これであと良いアンプが有れば。

あっ、あと良いギターも。

買えるはずもないのに、まだまだ物欲はおさまりません。

やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お久しぶりの更新です。

書きたい事はちょこちょこあるのになかなか面倒くさくて更新をさぼっておりました。

先日何年ぶりだろうってくらい久しぶりに人前でギター演奏する機会がありました。
決して自分から進んで演奏した訳ではなく知り合いの方が誘ってくださったからなのですが最初はビビって断り続けていました。

というのも、私以外のドラム、ベース、もう一人のギターの方、ボーカルの方は全て演奏の仕事や楽器や歌などを教室で教えてらっしゃる音楽で生計を立てておられる方々。そんな中に入って演奏するなんてとんでもない。譜面もろくに読めない私が、しかも1か月もないくらいの準備期間で。

ってわけで、断っていたのですが結構強引に誘われついつい流されてしまいました。もちろん私も演奏できる事自体は嬉しいことですので。こうなったら頑張ってできるだけ迷惑かけないようにしなければと。

曲はジョンメイヤートリオのライブに入っている I GOT WOMAN(レイチャールズのカバー)。

私がソロを弾く部分もありながら、本番は周りのメンバー、もう一人のギターさんにガッツリ助けて頂きながらなんとか終える事ができました。しかし演奏のお仕事をされている方々はやはり凄いですねー。ベースの方は一度も練習で合わす機会もなくぶっつけ本番でもそつなく演奏。ギターの方も音源も聞かずにカッコよく演奏。あらためて自分のショボさを再認識な一日でした。

そんな中、本番で使用するアンプがローランドのJC-120だと知り、「うーん、参ったなー。」JCは大の苦手で今まで避けてきたアンプ。やはりいっちょまえに真空管派なんで。

そんなことを理由にして買ってしまいました。

Gtr Wrks  19sixty3

クリーンブースターとして以前から欲しかったのですが、プリアンプ的に使っている方も多いようでしたので一か八か試奏もせずネット通販で買ってしまいました。

到着した日に自宅でアンプに通して弾いたのですが、最初ONにしても???何か変化有ったかな???OFFにして弾くと「あー、確かにちょっと変化有るかなー。」って感じ。

正直地味なエフェクターやなー。っていうのが最初の感想。
しばらくONで弾き続けて、OFFにすると「あれ???なんか寂しいなー。」やっぱりON。

「あれ?気持ちいいかも。」ってことでもうONにしっぱなしでしばらく練習。

結局今はノブを12時くらいの位置でずっとONのままです。 いろんなところで書かれているように中域だけとかではなく全体的に持ち上がる感じはそのとおりですね。全体的に音も太くなり、煌びやかな感じてのもそうだと思います。でも大きく変化するのではなくではなく僅かになんです。

この僅かにが妙に気持ちいいんです。ジワジワ効いてきます。出しゃばることなくでも確実に気持ちいい感じです。実際、ブラックフェイスのデラリバやツインリバーブなど弾いたことが無いので、これがその音に近いかどうかは分かりませんが、JCで使った時もとても助けてくれてる感が有り、弾きやすかったです。

試奏せず買いましたが、これはなかなか良い物だなーと思います。

もうひとつこれを機会にと買ったものが

KORG  Pitchblack+ Pb-02

今まで、BOSSのTU-12やTU-8使ってきましたが、ペダルタイプのチューナーが欲しかったのと某ネットショッピングモールのポイントが貯まっていて期限内に使い切らないとという事も有り買ってしまいましたが実質ポイントに3500円くらいのプラスで買えたので満足です。

チューナーといえば最近はt.c. electronicのpolytune や Sonic ResearchのTurbo Tunerが話題のようですが、Turbo Tunerはとても良さそうだけどちょっと高いし、polytuneも凄く便利そうですが、何か弦を6本一度に鳴らして合わせるなんて、アナログオヤジには不安だと思い、手頃なKORGにしてみました。

でもPitchblack+は上位機種。True bypass でギターを2本接続し切り替える事も出来ます。精度は+-0.1セント以内。他のエフェクターに電源供給も出来ます。(3台くらいかな。)

使ってみてですが、本当に使いやすいです。最初カッコ悪いルックスだなーと思いましたが実にこの大型LEDは見やすい。色々表示モードが有るそうなんですが、とりあえず初期設定のまま使っています。
そして自分が0.1セント以内に正確に合わせられているかはわかりませんが合わせた後の音もとても気持ち良いです。

今まで、チューナーはあくまで大まかに合わせるための物で、後はハーモニクス使って合わせていたんですが、これはバッチリチューナー任せで気持ち良い音になる思います。反応もそこそこ速いですし。

20100322005912

今回の演奏ではこんな感じで使いました。

以前紹介した真ん中の青いオーバードライブ。今回はEMMAのSTINKBUGよりもこっちの方が良い感じでしたのこれを採用。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EMMA   StinkBug

届きました。StinkBugというオーバードライブペダルが。

20090620230917 取りあえずまだ少ししか弾いてないので使い方もわからない部分も有るのですが思ったより使いやすいですね。

左からレベル、ロー、ハイ、ゲインというツマミの構成で、このハイとローのEQに少しくせが有るのかという気がしますがマニュアルが英語?な為イマイチ使い方がわかっておりません。

しかし全体的な音はカラッとしていて明るめのサウンドという感じでブルースやロックンロール系の音楽には合わせやすい気がします。決して図太い音が出るとかいう感じではなくあくまでもオーソドックスなドライブだと思います。
ゲインもかなり深く歪むというわけでもなくかといってクリーンブースターのように歪みを下げることも出来ませんが、少し粗めの歪みで音に張りがでるので気持ちよいです。ゲインを下げぎみで弾くとバリッとした感じが出て良いです。

サンプルサウンドのようなスティヴィーレイヴォーン風なクランチサウンドがまだ出せておりませんが、思ったよりサウンド的にはクセがきつくなく使いやすさに驚いております。

今まであまり歪みエフェクターに凝ったことがなくアンプ直派だったので大した感想が書けず申し訳ないのですが、今まで所有した物や試奏した物の中ではかなり自分の好みに近いかなという気がします。値段を考えると思いつきで買ったわりには良かったかなーと思います。

また今度は使い方に慣れ、大音量で弾いた後に感想を書いて見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブペダル購入

つい先日、衝動的に近い感覚でオーバードライブペダルを購入してしまいました。

EMMAというデンマークのブランドらしいんですが、そのメーカーの「STINK BUG」というドライブペダル。Stinkbugweb_4  またマイナーどころを選んでしまいました。

昨年の夏頃だったか、ピックアップを交換して以来、未だイマイチその音に慣れずにいるのでちょっとずつ、ちょっとずつ少ないお小遣いを貯めてまたピックアップを交換しようかと考えていたんです。

ところが、とある楽器店のホームページで紹介されていたドライブペダルに何気なく目が行き、このメーカーのHPにあるサンプル音源を聴いたばっかりについ影響されてしまいまして。

サンプルは→http://www.emmaelectronic.com/products/stinkbug/stinkbug.

どうせサンプルのようなサウンドは私には出せないだろうとわかりつつもついつい買ってしまいました。 まあ、2万円以下なのでちょっと冒険でもいいだろうと。

まだ手元にはないのですが数日中に届くと思います。
また届きましたら感想を書いてみたいと思います。

次こそピックアップを変えたいと思います。
また頑張ってお金を貯めなければ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あれっ!こんな物持っていたんだー。

関西はここ数日急に暑くなってきまして(他の地域もそうかな。)気持ち悪い湿気です。

最近はもっぱら気持ち良い歪みを見つけるため今まで興味を持たなかったドライブ系エフェクターを触っております。
つい先日も、知り合いの方がWEEDモディファイのBD-2を貸して下さったので弾いてみました。恥かしながらオリジナルのBD-2を弾いたことがなく、それ単体の感想しか無いんですがとにかくFATな感じの音ですね。歪み方自体はちょっと好みではなくもう少しきめ細かく歪んで欲しいなと思いますが、おそらくBD-2が好きな方はこの歪み方が好きなのでしょう。思ったよりずっと幅広い音作りが出来使いやすいので驚きました。

そんな中、そう言えば3~4年前にオークションで落札したオーバードライブがあったのに気付き2回くらい触ったまま使わずだったのを思い出し引っ張り出してきました。(制作者の方本当にゴメンナサイ。)

個人の方が制作された物をオークションに出品された物です。
当時XOTICのAC ブースターが欲しくて物色していたんですが貧乏な私には結構高価だなーと尻込みしていました。
中古などないかと探していた時オークションで個人の方がACブースターをモデルに作った物と紹介されていて値段もオリジナルの約半分くらいだったので落札しました。

20080704002900

当時レスポールで弾いてみたんですが、特別感じる物がなくそのままになっていたんですが、今あらためてストラトで弾くと中々気持ちの良い音が出ます。ギターのボリュームにもよく反応してくれます。

一番大きな特徴はコンプレベルを6段階に調節できるロータリースイッチが付いております。実はコンプレッションて事をよく理解していなかったんですが最近mr70sさんに教えていただきなるほどと思っていたところ、このエフェクターを見てこんな身近に良い勉強材料があったなんてと自分の愚かさに呆れておりました。

このロータリースイッチでかなりサウンドが変わるもんですね。コンプレッションをきつくすると歪みとサスティンが増えますが音の分離が少し悪くなり、コンプを少なくすると歪みが減りその分とても生々しく音に艶が出てきます。私には6段階のちょうど真ん中くらいが良い感じです。コンプを一番少ない位置にすると音は凄く太くなるのに私の技量ではショボイ感じになってしまいます。

このエフェクターを作った方は現在もエフェクターを作ってらっしゃるようでHP(Bonsai Baby Product)を拝見させていただいたら現在はもっともっと進化してUltima Over Drive 4というすごいペダルを作ってらっしゃいます。

今までほったらかしでゴメンなさいて事で私はもう少しこのドライブペダルを熟知するよう使いこんでみたいと思っております。コンプレベルをうまく調節すると本当今まで所有していたペダルなどの中では一番艶っぽい音だと思います。

このブログを書きながらメディアプレーヤーのインターネットラジオなる物を聴いておりましてBluesチャンネルなので当たり前ですがBluesがノンストップで流れてきます。先ほどからSRVやらジョニーウインターやら知らないアーティストも気持ちの良いこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Drive ペダル試奏

26日は代休で仕事が休みだったので、家族サービスもせずギターショップへ。

どうしても気になっていたドライブペダルがショップに入荷している様子だったので自分のギター担いで行ってみました。

①SHIGEMORI  STONE DRIVE DELUXE

これが一番気になっていたペダルで、ご存知の方も多いと思われる最近評判のペダルです。
弾いてみると、ノイズも少なく、とにかく自分のギターの音が自然な音で前に出てくる感じですね。非常に抜けたと言うか、いかにもバンドアンサンブルの中でも埋もれなさそうな感じです。
それと、BOOSTのようなスイッチもついているのですがこれがまた変に持ち上げる感じがなく自然に音が膨らむ感じです。ギターのヴォリュームを絞った時の音も気持ちよいです。

値段も凄いけど、完成度も高いなーって印象です。

②FULLTONE  OCD

これも前から気になっていた物です。
これはこれでまた良いなーって感じですね。特に私のストラトはリアPUが物足らないのですがこのエフェクトを使っていると使えそうな音です。なんとなく80~90年代的な歪みに感じますが、私は好きな音です。

③Lovepedal   COT 50

これも評判の良いペダルなんで気になっておりました。
プレキシマーシャルの音を再現するペダルだそうで、OCDに比べると少しゲインは低めですがこれも良いんですねー。特にシングルノートを弾いた時の感じは大好きです。ベタな表現ですがブルージーな音とでも言いましょうか。個体差なのかも知れませんが、気になったのはスイッチをON/OFFする時の「ボツッ」って音が結構大きかったです。

そして最後にもう一度Shigemoriを弾かせてもらったんですがやはり音が抜けてきますねー。音の存在感はやはり他の2台を上回っています。

詳しい方からすると何と脈絡のない機種の選択だと思われそうですが、ペダル事情に非常に疎い私にとっては最近のエフェクターは凄いなーって言うのがまずはじめの感想です。

今までほとんどエフェクターを使わずにアンプ直みたいな感じだった私。まだまだ色々弾き比べてみたいというのが正直な感想でもあり、私のレベルではまだまともなレビューなんて無理でした。それと同時に私にとってはやはりアンプの選択が重要なんだとも実感しました。いずれにしてもお金貯めないと最近のブティックペダルなんて手に入れられないです。


今度は懲りずに是非、ケンタウルスを試してみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)